膝の痛み解消法.com » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報

膝の痛みを温めることで解消する

膝の痛みの解消法には様々なものがありますが、ここでは自宅で手軽にできる膝の痛み対策として温める方法をご紹介します。

炎症が原因となっている膝の痛みを除けば、基本的には温めることで症状を緩和することができます。筋肉や腱が緊張して硬くなり、そのため血流が悪くなって痛むというのが炎症以外の膝の痛みの原因だからです。

自宅に居れば蒸しタオルを作るのはさほど難しくないですし、出先でもホッカイロなどを購入して凌ぐことも可能です。短時間でも温めることで膝の痛みを和らげることはできますが、しっかりとやわらかくするためには30分から1時間程度を見ておくと良いでしょう。

では具体的な方法ですが、自宅に居てもっとも手軽なのは蒸しタオルでしょう。ハンドサイズのタオルを水に浸して絞り、電子レンジで1分程度温めることで作れます。もちろん、熱湯に浸してから硬く絞るなど、他の方法で作ることも可能です。

蒸しタオルを直に肌に当てると熱くなりすぎてしまうこともあるため、ガーゼを1~2枚程度当ててから蒸しタオルでひざをくるみ、さらに保温にビニールを上に置いて、包帯で固定します。

これで20分程度待ち、蒸しタオルがぬるくなってきたらタオルを交換しましょう。

ドライヤーを利用して温めることもできます。この場合には、患部に向けてドライヤーの風を当てて、5分~10分程度です。

この場合には、しっかりと距離を取り、熱く感じるようでしたら風向きを変えたり風量を弱くするなどして調整を行ってください。

また、患部だけでなく身体全体を温める入浴も有効です。患部だけでなく、全体的に身体の内側から温めることができるので、腰や肩の痛みの緩和にも役立ちます。

また、さらに効果を高めるために、入浴中にマッサージを行うのも良いでしょう。身体が温まると筋肉がほぐれるため、マッサージによる効果もアップするのです。

ふくらはぎやふとももをゆっくりと揉みほぐしたり、つま先を伸ばしたり戻したりする運動も良いでしょう。