膝の痛み解消法.com » 頚椎ヘルニアの鍼灸治療

頚椎ヘルニアの鍼灸治療

頚椎ヘルニアの治療法としてはあまりポピュラーではありませんが、体内バランスを整え、内側からの治療を試みるという点において、副作用が絶対にないという理由から患者に信頼を得ているのが鍼灸です。

鍼灸は基本的に鍼とお灸によるものですが、これらはどちらも人体に存在する、素人では覚えきることが出来ない程の数があるツボをそれぞれの道具に手刺激することで、治療作用を引き起こすものです。

頚椎ヘルニアは椎間板内の髄核の脱出により神経を圧迫することで発症しているので、そのせいで神経系が正常に機能しなくなってしまい体内の機能も自然と衰えてしまいます。

ですので、鍼やお灸で人体のツボを刺激することにより、体内の血行を良くすることや、機能低下を改善するため基礎代謝などを促すことで体内の機能をまずは正常に保つことから始めます。

体内の機能を正常に戻すことにより、頚椎ヘルニアの炎症や進行を予防し、改善しやすい体内環境を作り上げることが可能です。血行が良くなると痛みを引き起こす原因になりかねない体の冷えなども起こりにくくなり、他にも便秘などの解消にも役立ちます。

鍼もお灸によるものも、どちらも名前の通り鍼やお灸を使いますので、少々不安があるという方もいるかもしれませんが、ほとんど痛みを感じることはありません。

時折刺すツボによっては微かな違和感などを覚えることや、お灸に至っては多少の熱を感じることはありますが、どれも決して激しい痛み・熱さということではないので安心して下さい。

昔から人体のツボを利用した、頚椎ヘルニアの治療は、使われてきたので信頼感もあり、副作用がないので安心感も他の方法より高いのでしょう。

頚椎ヘルニアは鍼灸で完治するというわけではありませんが、痛みの緩和などには役立つため、頚椎ヘルニアの患者にはリハビリとして鍼灸を愛用する方も最近では増えているようです。