膝の痛み解消法.com » 変形性膝関節症とテーピング

変形性膝関節症とテーピング

変形性膝関節症において、テーピングによる治療法があります。足を安定した状態にし、膝関節を廻したり、足の部分の運動を助ける働きがあります。

また、筋肉の収縮を促進し関節の運動をも助けることができます。スポーツ選手もやっている治療法ですので、間違ったやり方でなければ、必ず変形性膝関節症の症状の改善が見られます。

変形性膝関節症の場合には、大腿四頭筋を補助し、膝関節を安定させるといったことが主な目的ですが、テーピングにも欠点があります。それは衛生の観点から毎日テープを取り替える必要があるわけです。

そして、毎日取り外して、また新しいテープを貼るというのは、いくらテープそのものが肌に良い素材を使用しているとしても、同じ場所に毎日貼るということになると肌が弱ってしまい、肌のかぶれや痛みや擦過傷などを起こしてしまうということです。

しかし、患者の痛みというのは、もっと深刻なものです。患者にとっては、肌の痛みなどよりも膝が痛くて歩けないというほうが、よっぽど辛いことなのです。ですから、少々の肌の痛みなどは気にせず毎日行っている方がほとんどだといえます。

しかし、テーピングをするには、知識や経験にある人にお願いするほうが良いでしょう。我流ではあまり効果がありません。回旋の制限と脛骨などが前方にずれるのを防ぐことができます。

また、膝の部分の保護にもなりますから、是非やってもらいましょう。テーピングをしたからといって、それは完全な変形性膝関節症治療でも完全に膝を保護するものではありません。

仮に激しい運動をした場合には、やはり変形性膝関節症をさらに悪化させてしまう結果になりますので注意しましょう。もちろん、リハビリをする場合には、テーピングは効果的に膝の運動をサポートしますので、問題ないでしょう。