膝の痛み解消法.com » 椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアの種類

椎間板はゼラチン状の髄核とコラーゲンを含む繊維輪で構成されており、椎間板ヘルニアは椎間板に非常に強い負荷が掛かった時椎間板の一部が突出した状態を指します。

椎間板ヘルニアには大まかに分けると2つの種類があり、脱出型と膨降型に分かれています。脱出型の椎間板ヘルニアは椎間板の中心にある髄核が繊維輪を飛び出してしまった状態で、発症した場合は激しい痛みが瞬間的に襲い掛かり立ち上がることも出来なくなります。

それと同時に身体に痺れが発生することも多くこの症状も非常に辛いものだそうです。その代わり痛みが出るのは短期間で数ヶ月もすれば症状は軽くなります。

対して膨降型の椎間板ヘルニアの場合は髄核が繊維輪を飛び出さず繊維輪ごと膨れ出た状態で、脱出型と比べれば激しい痛みは襲ってきませんが鈍い痛みが長時間続きます。

時間が経つにつれどんどん椎間板も膨れていき、それに伴い症状も強くなっていきます。治療にも非常に時間が掛かり脱出型よりも長い期間耐え続けなければなりません。

また、椎間板ヘルニアは神経根が圧迫されている位置によっても種類が分かれます。外側の神経が圧迫されているときは外側性ヘルニア、内側のときは内側性ヘルニア、脊椎神経の中心部を圧迫する場合は中心性ヘルニアと区別します。

人はヘルニアを発症したとき痛さが和らぐ方へ身体を傾けるようになっています。そのため痛さに対してどの方向へ曲がるかによってヘルニアを判断することができます。

外側性ヘルニアの場合は体が痛む部位と反対側に体を傾け、内側性ヘルニアは体が痛む部位へと向かっていく形に体を傾けます。

中心性ヘルニアは背骨の中心を圧迫する形になっているので、自然と猫背になっていく特徴があります。このように一番痛みが引く姿勢を見ることでどんなタイプのヘルニアか判断ができるのです。

痛みや体の傾き具合を見ることで自分でもある程度どんなヘルニアに発症したかが判断できます。とはいっても専門家に見てもらわないと分からないこともあるので、急に腰が痛み出したら医師の診断を受けましょう。