膝の痛み解消法.com » 脊柱管狭窄症と手術

脊柱管狭窄症と手術

名医にかかると入院期間も短くなる、という話もよく聞きますが、体力も必要ですし、脊柱管狭窄症は比較的高齢者に多い病気ですので、なかなか理想どおりというわけにもいかないでしょう。

費用の問題もありますし、脊柱管狭窄症は手術しても必ずしも元通りに完治するとは限らないとなればなおの事、手術をせずに改善出来ればその方が良いに決まっています。

手術するまでの時間を長く持たせる効果のある方法として、ブロック療法があります。

ブロック注射と呼ばれますが、神経に直接注射をすることで、脊柱管狭窄症患部の痛みをとり、血行を改善することで栄養の供給を元にもどし、自然な治癒を期待できます。

鎮痛剤は臓器にも影響がありますが、神経に直接針を打つため、副作用の心配が全くありません。

間欠性跛行などが出てしまうと長い時間のかかる保存療法ではなく、脊柱管狭窄症患部に直接働きかける療法をしたいと思う方も多いようです。

脊柱管狭窄症があまりひどくない状態ならば保存療法が望ましいでしょうが、だからといって無理をして仕事を続けることは脊柱管狭窄症の症状を悪化させることに繋がりやすく、決して勧められることではありません。

できれば仕事を休むことを選択したいものでしょう。後々まで長引けばそれだけ入院期間も長くなってしまう可能性が高いというのはやはり誰もがそう思うでしょう。

脊柱管狭窄症の手術をお薦めしない理由