膝の痛み解消法.com » 鍼灸院の効果について

鍼灸院の効果について

一般的にイメージとして肩こりや腰痛といった疾患に効果がありそうな鍼灸院での治療ですが、近年の研究によりこの鍼灸院での施術は様々な病気に効果があることが判明してきました。

世界保健機関(WHO)により定められた鍼灸療法の有効性というものがあり、鍼灸院の施術の効果を認めるという見解を出されている病気があります。

大まかに鍼灸院が対応できる例を挙げていくと、神経痛やめまい、頭痛といった神経系。リウマチや関節炎、五十肩などの運動器系。動悸や息切れ、高低血圧などの循環器系。気管支炎やぜんそく、風邪などの呼吸器系。

胃炎や肝炎などの消化器系。糖尿病、痛風、貧血などの代謝内分泌系疾患。冷え症、生理痛、不妊といった婦人科系。

疲れ目、かすみ目、ものもらい、結膜炎などの眼科系。膀胱炎や腎炎といった泌尿器系。小児ぜんそくやアレルギーといった小児科と、その適用範囲は非常に広くなっています。

そもそもなぜ鍼灸院での施術が病気に効くかと言いますと、鍼灸どちらも重要となるポイントとして人間の体内で循環する物質やエネルギーの通り道となっている経脈の流れを変えるということがあります。

東洋医学の考え方として、この流れが滞ることで病気をもたらされるとされているので、鍼灸によりこの循環システムを整えることで病気になるのを防ぐ、病気を改善するといった効果を期待します。

これは、流れを整えることで人間が備えている自然治癒力を高めることにより、健康維持を効率化させているということです。

この鍼灸院での施術に関して効果の面に着目をすると、高齢者よりも比較的若い方の方が有利とされています。これは人間が持っている自然治癒力が年を重ねるほど衰えていく、つまりは若い人ほど自然治癒力が存分に発揮されることによります。

だからこそ、若年者の方々にはもっと鍼灸院での治療を受けて欲しい所です。もっというと、灸を使った治療はされませんが、鍼を用いた(刺さずに擦る・撫でる)治療は乳幼児においても、鍼灸院の治療を受けることが出来ます。