膝の痛み解消法.com » 高血圧の問題と解決法

高血圧の問題と解決法

その字のとおりに、血圧の測定値が高いことを意味しますが、血圧とは、血液が動脈を押し広げようとする圧力を意味します。

またこれは心臓が収縮するときに最も高くなり、拡張する時には最も低くなります。心臓が送り出す血液の量と、血管の中の血液の流れのスムーズさで決定されます。

また日常生活の様々な状況や健康状態に合わせて圧力が変動しますので、一回測定しただけでその時の値が基準値を上回っているから健康を崩している、高血圧だとはいえません。

定期的に測っているうちに徐々に高くなっていったり、安定した健康状態で数回測っても高い、という場合に限り高血圧だと診断されます。主要な機関の高血圧の定義としては、収縮期血圧が140mmHg以上、また拡張期血圧90mmHg以上の場合を定義しています。

また、このような血液の健康状態には2つのタイプがあります。1つ目は原因がはっきりしないもので、遺伝的な体質によるもの、また生活習慣や環境によるものがあります。

日本人の高血圧の約9割が、このタイプです。もう1つは腎臓の疾患やホルモン異常、薬剤の副作用などが原因で、二次性高血圧症と呼ばれるタイプです。治療をすると完治して健康に戻れるのもこの二次性のものです。

原因不明の場合の治療法としては、塩分の摂りすぎを見直し、肥満を防ぐこと、またアルコールも過剰摂取は厳禁など、生活習慣病を防ぎ健康を維持する時の注意事とよく似ています。

その他には喫煙をできるだけ制限すること、そして運動習慣を改善することなどがあります。薬物療法は食事療法や運動療法をある程度続けても効果が無い場合に用いられますが、症状が重い場合は降圧薬を投与します。用法は医師の指示をよく聞いてしっかりと守るようにしなければなりません。

高血圧の治療は心臓に大きく負担となり、心臓病をはじめ、脳卒中や心筋梗塞、心不全などの重度の合併症など健康を害しやすい状態です。

特に日本では脳卒中の割合がとても高いため、脳卒中に効果のある予防法を併用するのがよいとされています。