膝の痛み解消法.com » ストレスとの関係性

ストレスとの関係性

ストレスは多くの現代人が持っている症状であると言われますが、実際にストレスを持っていない方というのはほとんどいないとも言えます。

また、毎日忙しくて疲れる、また人間関係がわずらわしい、日々進化していく情報技術にはとてもついていけない、など、ストレスの原因にも様々です。

ストレスは人間が外部からの刺激を受け、体の内部で起こる反応、およびその原因となる刺激を言います。たとえば騒音を聞くと頭が痛くなることがありますが、この痛みや騒音の力がストレスと呼ばれます。

ストレスが発生した後、しばらく休養をとれば健康な状態に回復しますが、これはホメオスタシスとよばれるからだが常に正常な状態に戻ろうとする力を持っているからです。

しかし、このストレスの原因が度重なってしまうと、ストレスはなかなか解消できなくなってきます。ホメオスタシスが効果を持たなくなると、それをコントロールする必要が出てきます。

ストレスが引き起こす症状の代表的なものの1つが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足して起こる、憂うつや不眠、倦怠感や食欲不振、焦燥感や意欲の低下、自殺企図などです。

これらの治療には、選択的セロトニン再取り込み阻害薬やセロトニンノルアドレナリン再取込み阻害薬などの抗うつ薬が使用されます。また考え方を矯正するために認知療法などの心理療法を併用する場合もあります。

休養をとる以外にもストレスを発散するための方法はあります。疲れが溜まるのであれば、ずっとたまるようなことを継続せずに、意識して休憩をとったり、デスクワークをしている方であれば席を立って散歩をしてみたり、コーヒーブレークをするなどが一般的です。

パソコンを一日中相手にしているというシステムワーカーの場合は、一日に最低2時間はこの解消法を実践すべきです。

その他には、スポーツや行楽などのレクリエーションや、自宅でもできるヨガやストレッチ体操などのリラクゼーションなどが多く用いられています。