膝の痛み解消法.com » フットケアの内容

フットケアの内容

足の病気を治療したり、進行を抑えるためにはフットケアが非常に有効です。

フットケアは日本ではそれほど重要視されているとは言えませんが、海外では立派な医療行為として認められており、様々な治療に一役買っています。


足の病気は時には人生に大きく係わるような症状を引き起こすこともあるので、毎日しっかりとフットケアを行って足の健康を保つようにしていきましょう。

フットケアは様々な種類の治療を行うことで症状を和らげたり回復しやすい状態にしていきます。

例えばリンパ管の圧迫などが原因で脚がひどくむくんでしまった場合はリンパを刺激して圧迫を解消させるマッサージや血行を促進させるためのトレーニングや入浴などでむくみを解消させていきます。

また巻き爪による爪の変形や水虫や魚の目といった皮膚に表れる病気も動脈硬化などが原因で足の血流が滞っている場合は症状が悪化して足の細胞が壊死することもあるので、

症状が軽いうちに矯正器具を取り付けて爪の形を元に戻したり、魚の目を削り取ったり水虫を悪化させないように薬を使用しつつ足を乾燥させたりなど様々な治療を行います。

フットケアは症状が軽いうちなら自宅でも出来そうなケアだけでも十分回復が期待できますが、症状が悪化している場合は病院などで利用されている専用器具を用いる必要が出てきます。

例えば動脈硬化のせいで血管が狭まっているせいで足の病気が著しく悪化してしまった場合はバルーンカテーテルを血管内に入れて直接血管を広がらせたり、壊疽を引き起こしてしまった部分を手術で切除したりなどの治療を行うこともあります。

こうしたフットケアは病院やエステサロンで行なわれていますが、病気のせいで脚に何らかの変化が生じている場合はエステサロンのフットケアだけでは改善しきれないのでまずは病院に行って足の変化が病気によるものかどうか確認したほうが良いでしょう。

正しい内容のフットケアを行なえばたとえ病気であっても綺麗な足を取り戻す事が出来るはずです。