膝の痛み解消法.com » 頚椎ヘルニア 枕

頚椎ヘルニア 枕

頚椎ヘルニアは言うまでも無く首にかかる負担のためになる症状です。この頚椎ヘルニアの改善と予防には自分に合った枕を選ぶことが意外にも大切なことなのです。

自分の体形や首の状態にあったものでないと睡眠中常に頚椎ヘルニアに負荷がかかり続けることになり、頚椎ヘルニアの悪化につながったりひどい場合だと不眠症などの別の病気にかかることもあるくらい重要な要素の一つといえます。

頚椎ヘルニアで首に一番負担がかからない傾斜は約15度といわれており、横向きに寝た状態で頭の先から足の先まできれいに水平になる傾斜が15度の傾斜とされています。

実際に試してみるとかなり低めです。そのためバスタオルを折って敷いたものが頚椎ヘルニアに負担がかからない枕の代用として使えるという意見もあります。また、頭や首の周りを包み込むような形になるとさらに頚椎ヘルニアの負担が減少します。

頭にフィットするよう中心部がへこんでいるものがよく売られていますが、このタイプのと首の部分があまりフィットせず負担が増す場合があるそうなので、マイクロビーズなどの頭や首の形にフィットするような素材を使ったものを選ぶとよいでしょう。

最近では自分に一番合う枕を手に入れるためにオーダーメイドで発注する方も増えてきました。しかし、オーダーメイドで注意していただきたいところは高さを合わせるとき仰向けで寝た場合のデータのみしか使わないで作成してしまうこと。

仰向けで寝たときはちょうどいいかもしれませんが、人間は寝ている間必ず寝返りを打ちます。その際横向きになったときまったく枕が合わず、逆に負担が増して頚椎ヘルニアが悪化しまうことがあったりします。

枕ひとつ違うだけでも首の負担は大きく減少し、快適な生活を送ることができるようになります。インターネットの口コミ意見や実際に店頭で確かめてみて、自分にぴったり合ったものを探してみましょう。