膝の痛み解消法.com » 日常生活で気をつけること

膝の痛みを日常生活から改善する

マッサージや入浴、その他の治療でせっかく膝の痛みを解消しても、日常生活を改善させなければまた再発することになってしまいます。

現在膝の痛みを抱えている方の悪化を防いだり、症状を改善するにも効果がありますので、意識して気をつけてみてください。

重要なのは負担を減らすことと、強化しておくことです。負担を減らすのは当然として、強化というのはどういうことかと疑問に思う方もいるかもしれません。

強化と言うのは、筋肉の強化です。膝の痛みの大きな原因のひとつに、筋肉疲労があります。疲労して硬くなってしまったために血流が悪くなったり、関節の動きが鈍くなるのです。

しっかりと強い筋肉に鍛えておけば、疲労による症状の悪化が起こる可能性が低くなります。ではまず負担を減らす方法についてですが、これは姿勢の維持と、肥満のある方はその解消がポイントとなります。

よく言われる猫背などは、腰や肩に悪いのはわかるけれど膝の痛みにも影響するの? と思う方もいるでしょう。しかし体は繋がっているのです。

腰や肩に負担がかかれば、当然ひざにも影響します。頭を上から引っ張られている感覚を意識して、スッと背筋を伸ばす習慣をつけてください。

また、杖を使って負担を和らげることも重要です。杖を使うのに抵抗を感じる方も多いと聞きますが、杖を使わずに痛いのを我慢していては、歩くことさえしたくなくなります。

使わなければ余計に衰えてしまい、さらに症状の悪化を招くことになります。道具を使って負担を軽減できるのならば、積極的に利用し、歩く機会を増やして筋肉を鍛えるようにしましょう。

冷えると痛むという方は、普段から保温用のサポーターを使うようにするのも良いです。時間を取ってしっかりと温めるのも重要ですが、普段から冷やさないよう保護をしておくのも大事なことです。

このように、積極的な治療ではありませんが日常生活から負担を減らしていくのは、症状の改善や予防には非常に重要です。普段から意識して行うと良いでしょう。