膝の痛み解消法.com » 漢方薬での治療

漢方薬での治療

五十肩を治療するにはいろいろなやり方があります。その中には薬剤関係で治療する方法が在るでしょう。それを使用することで、五十肩を多少回復させることができますね。

そして、更にその中には漢方薬があり、それを使用することでかなり五十肩を回復することが出来るので、興味の在る方はやってみると良いでしょう。

これはある種、万能薬のようなものです。まあ、個人差や病気の状態によっては効き目が無い場合が在りますので、完全な万能薬ではありませんので間違えないようにしてください。

ですから、漢方薬での五十肩の治療はよく考えてからやるようにしましょう。五十肩を治すために使用出来る薬はこのようになっています。

二朮湯、葛根湯、芍薬甘草湯、五積散などがあるでしょう。一部知っている人もいるでしょうが、結構知らない薬が効果的です。これらを使用することで五十肩を回復出来るかもしれません。

ただし注意としては、良薬は口に苦しなので、漢方薬はとても苦いです。それを覚悟してくださいね。また、上記で説明したように効果が無い場合もありますので注意して使ってください。

二朮湯は、「にじゅつとん」と言います。肩や腕のしびれや痛みを位置してきに抑える効果を持った漢方薬ですね。

これを使用することで痛みやしびれを一時的に抑えることが出来るのでとても良いでしょう。葛根湯こと「かっこんとう」は、テレビでもやっている有名な漢方薬です。

これを使用することで炎症を抑えることが出来る効果を出すことが出来るでしょう。五十肩の炎症を抑えて痛みなどを抑えることができますね。

そして、芍薬甘草湯こと「しゃくやくかんぞうとう」と五積散「ごしゃくさん」は、体を温めて痛みや炎症を抑えることができます。とても良いでしょうね。

このように漢方薬を使用して五十肩を抑えることができますので、よく考えて漢方を使用してください。