膝の痛み解消法.com » インソールについて

インソールについて

インソールといえば靴の中敷き、よく革靴を履く方は通気性を考えたものや、水虫対策用に薄いものを常用している方もいますが、膝痛にも良いのがインソール、O脚の矯正用のものもありますし、脚のアーチをしっかり正すための製品も人気が高いようです。

またインソールは腰痛にも効果てきめんです。足裏には合計で3つのアーチ、着地した状態で自然な空間が存在しますが、これらを支えることで歩行のバランスが改善されると、膝にも腰にも負担軽減の効果が発揮されます。

アーチといえばこの逆のタイプとして偏平足がありますが、アーチのクッション機能がほとんどありません。このことでまず歩き方が偏ってきますし、クッション機能が働かずに腰痛が出ます。

またよくO脚用のものがありますが、腰痛用と間違って選ばないようにすべきです。O脚用といえば蟹股矯正のような感じで、外側に向けてすり減ってしまう靴底の傾きを解消するためのものになり、膝に問題の無い方が使用すると足首が痛んでくる可能性が大です。

また市販の靴、特にスニーカーやウォーキングシューズなどの類のものはインソールが予め仕込まれているものがほとんどですが、これらの3つのアーチをしっかり捉えているものは決して多くありません。

求めるならばドイツ製のシューズがお勧めです。サンダルなども多く出回っていますが、普段靴に注意しない方にとってはかなり違和感があると思いますし、アーチはこのようにしてガードするのか、と関心してしまうと思います。

もちろんインソールが合っていても今度は靴が合わなかったということにも要注意です。日本人は特に大きめのシューズを選ぶ傾向が強いようですので、ずれないようなサイズ選びも大切です。

足は健康の源と言われます。ちょっと冷えが混んだだけで全身の血行が悪化したり、腰痛にとってもいいことがありません。やはり普段からマメに靴にはケアしておきたいものです。