膝の痛み解消法.com » 接骨院とスポーツ障害

接骨院とスポーツ障害

一般にスポーツによって起こった怪我をスポーツ障害と呼びます。運動目的の行為全般によって起こる痛み、機能の異常などの総称、また、この観点よりちょっと外れたものとして、子供の成長期、急成長する時期の症状を特別に成長期スポーツ障害、と呼ぶこともあります。

またこの手の治療には接骨院、というのがごく一般的なイメージです。身体の様々な部位に起こり、主には腰や肘、膝や肩などのぶつかりやすくでっぱった関節がもっとも多く、腕や足の場合は捻ったりくじいたりするケースが多いようです。

まず接骨院の治療では痛みの状態を緩和させることに注力します。よくこの症状が起こってしまったらできるだけ早い応急手当が必要と言われますが、接骨院の治療を受けるまでに時間がかかる場合はRICEという手当てが肝心と言われています。

安静や冷却、圧迫や献上のことですが、これらの手当てによって痛みが引いた後でも完治したわけではありません。

例えば捻挫でも、痛みが引いてしまってもゆがみ自体が骨に残ったままですので、以後は常に捻挫をしやすい状態です。接骨院ではこのような状態を緩和するための処置もします。あるいは接骨院の代表的な治療であるとも言えます。

また、骨の他に重要なのが筋肉です。筋肉が怪我で炎症を起こせば冷すことが肝心ですが、その後は硬直を柔らかくするために温めることが大切です。

またマッサージなどで温める他にも筋肉が硬くなってしまう原因をしっかりとチェックして、原因を取り除くことも接骨院の治療のメインであると言えます。

予防についても詳細にレクチャーしてもらえます。たとえばごく一般的なウォーミングアップ、そして運動後のクールダウンも大切ですが、患者さんごとの体調にあったストレッチや、種目ごとのストレッチ、フォームごとのストレッチ、なども考えられます。

他には道具、その中でも靴のケアについても、靴選びのアドバイスをしたり、インソールを勧めたりする治療院が多くなっているようです。