膝の痛み解消法.com » 五十肩とは

五十肩とは

五十肩は、中年以降、とくに50代の方に多く発症する、肩の痛みと関節の可動域減少を起こす症状の呼び名です。正式な病名は肩関節周囲炎ですが、正確な原因が特定されていません。

肉体がなんらかの刺激を受けたことによって肩関節への影響をとめるために血管が充血し、発熱して痛みを起こします。

五十肩の急性期にではこの炎症が強く、痛みも激しくなります。英語ではフローズンショルダーと呼ばれ、肩が思うように動かせなくなることが常です。

五十肩で病院に行く場合は、ほとんどがこの肩の激しい痛みを契機としますが、それよりも早い時期に洋服の着替えが難しかったり、ネクタイを装着できないまでに肩が動かしずらくなります。

そしてそろそろ病院で検査を受けてみてもいいかな、と思うケースがほどんとですが、行こうとしてもなかなか時間が取れないという場合も多いようです。

しかしこの時期から検査を受けて、五十肩の治療を開始できればそれほど長引かずに済みます。治療時間を大きく短縮できるようになる場合も多くあります。

五十肩の急性期では、癒着が進行している時期ですので、慢性期よりも可動域は広く感じられます。腕がだるかったりしますが、肩の痛みに対して肩を回すことを試行することもできます。

そして五十肩が慢性期になれば、フローズンの言葉通りの状態になって、ほとんど癒着で身動きができません。コンクリートやセメントで固められたような感覚を持ち、このままの状態がどれくらい続くのかと不安を覚えます。

しかし、この時期からリハビリを開始して、可動域を少しずつ回復させることに努めなければなりません。アイロン体操や、ゴム輪体操など、自宅でも簡単に取り入れられるように工夫された体操法が多く紹介されています。

五十肩の治療は、痛みを我慢して鎮痛剤や湿布をしながら出来るだけ早く取り除くこと、そして可動域を広げるためにできるだけリハビリを継続させること、の2つが大きなポイントです。互いに相反することですので、どちらを優先させるかの判断も大切です。