膝の痛み解消法.com » ストレッチと柔軟について

ストレッチと柔軟について

ストレッチと言えば、手軽に始められて、ダイエットにも効果があるなどの理由から最近注目を集めていますが、具体的には、どのようなことを行えば効果を得られるのでしょうか。

ここでは、ストレッチとして、広く一般的に行われている方法について、説明していきます。しかし、実際のところは、それほど複雑なことをやっているわけではなく、柔軟体操としてイメージするもので考えてもらえばOKです。

そもそも、ストレッチや中川式ストレッチベンチは日常生活において、使われにくい部位の筋肉を動かすことで、様々な効果を得ることを目的としています。人間の筋肉というのは、長い期間使用しないでいた場合、徐々に柔軟性が失われていきます。

そのようにして硬まった筋肉の柔軟性を取り戻すことは意外と難しいため、柔軟性の維持には、日常的にある程度の動作を行うことが求められます。

逆に、筋肉の動きが活発になれば、それにともなって新陳代謝の向上が期待できます。さらに老廃物の排出を促すことになり、デトックス効果も生まれます。

先にも説明したように、ストレッチというのは、日常的な動作において、使用されにくい筋肉をほぐすことを目的としています。血液の循環を促進させ、各部のむくみやだるさを解消していくのです。

正し、毎日継続的に行う必要があります。日常生活で使われにくい筋肉の柔軟性を高めることを目的としているのですから、日常的に行われなければ意味が無いのです。

繰り返しになりますが、人間の筋肉は動かさなければ固まってしまいます。そして、一度固まってしまうと、柔軟さを戻すことが容易ではありません。

さらに言うと、一箇所固まってしまうと、その部分に関連する他の部位も可動が制限されることとなり、さらなる悪影響の発生原因にもなりかねません。もしも、ストレッチでダイエットを目指すのであれば、長い目で、じっくりとやることをお薦め致します。