膝の痛み解消法.com » 第5腰椎すべり症

第5腰椎すべり症

腰椎すべり症とは元々は健康な状態に積み重ねられているはずの椎骨が前後にずれてしまう、またはすべってしまう状態ですが、第5腰椎がよく発症する場所です。


この病気になりますと、少しずつすべりが大きくなり、また神経が刺激されることで様々な症状が現れます。また、分離症にともなる病状を分離すべり症、そうでないほぼ原因が不明なものを変性すべり症といいます。

分離すべり症は椎体の安定性が悪くなり、年齢とともに椎間板が変形することによってやがて発症します。また、骨が成熟してない頃、少年期などに相撲や陸上などの激しいスポーツをすることで疲労骨折を起こすことが原因になる場合も多いようです。

また、若い時には腰痛も少なくほとんど気にならないというケースが多いようですが、成人するにしたがってだんだんと状態が悪くなりますので、早めに処置をすることが望ましいでしょう。

少年期であれば安静にすることでも元に戻る可能性は高いようです。大人になってからはなかなか治すのが困難になるケースが多く、腰痛の他にも下肢のしびれや痛み、特に太股や膝下部分などに痛みやしびれが起こることが多いようです。

分離症に伴ったものでない変性すべり症の場合では、椎間板の変性が原因になりますが、靭帯や椎間板などが加齢によって椎骨を支えきれなくなることが原因です。

この症状は中年以降の女性に多く、また、第4腰椎が最も起こりやすいといわれています。下肢が重くだるく感じられ、長時間の運動や場合によっては歩くこともできなくなります。

また、悪化していくと脊柱管狭窄を起こす場合があり、腰痛の他にも、下肢の痛み、しびれなど、様々な神経的症状を訴える場合が多く、もっとひどくなると馬尾症候群が出現することがあります。

やはり早期の発見と治療が大切ですが、忙しい方も多く、また定期的にレントゲンなどを受ける暇もないというのが現実である方も多いですが、できるだけチャンスを作ることが肝心でしょう。