[PR]

膝の痛みの解消法について

膝の痛みに悩みつつ病院に通い、治療をしているのになかなか膝の痛みが治らない。そんな方は、一度改めて、自分の生活習慣を見直してみてください。

病院の治療で膝の痛みを多少改善させても、普段の生活で膝の痛みを悪化させてしまっていては意味がありません。そんな慢性的な膝の痛みの解消法について、ここでは自宅で出来る解消法をご紹介していきます。

まず必要なのは、膝の痛みの原因を自分でしっかりと把握することです。病院に行けば診察し状態を観察して病名をつけてくれ、その状態を改善するための薬や治療を行ってくれるでしょう。

しかし膝の痛みの根本原因がわからないまま対症療法だけを行っていては、現状維持か、維持しきれずに悪化していくばかりです。

これは医師ばかりが悪いというわけではありませんが、病院では多くの患者さんを抱えているため、なかなか一人一人に時間を割くことが出来ません。

そのため、その場で行う対症療法についての説明はされても、膝の痛みの根本原因については説明のないまま進められてしまうことがよくあります。

しかしこれは、現状の医療制度では仕方がないことと言えます。ですので自分の身体の状況は、自分で把握していく必要があるのです。

とくに膝の痛みは、身体のメカニズムをしっかりと理解して日常生活から改善策を実践していくのが一番の解消法です。

膝の痛みの主な原因は、老化や衰えによる筋力の低下。精神的ストレスが原因となる疲労の蓄積。姿勢の崩れなどからくる体のアンバランスのせいでかかる過剰な負担などがあげられます。

筋力の低下が膝の痛みの原因であればそれを鍛える必要がありますし、ストレスが原因ならばストレスの解消法を模索するか、疲労をしっかりと回復できる生活習慣を考える必要があります。また、姿勢の崩れが原因ならば、正しい姿勢を意識した生活をしなければなりません。

自分の膝の痛みの根本原因はいったい何なのか。それを把握したうえで、膝の痛みの根本原因を排除するのが、最も良い解消法なのです。

まずは自分の膝の痛みがどういった状態で始まったのかを思い出してみてください。スポーツ中に痛むようになったり、転んだのがきっかけなどであれば、怪我がきっかけと考えられます。

逆に、これといった原因が思い当たらないがいつの間にか痛むようになっていた、膝の痛みが徐々にひどくなってきているという場合には、疲労が蓄積して起こっていると考えられます。

スポーツでは、ジャンプをしたり、ジグザグに走ったりと負担の大きい動作も多いです。当然、普段からしっかりとケアを行っていなければ膝の痛みを発症する可能性は高いですし、ケアを行っていても運悪く怪我をしてしまうこともあります。

怪我が原因であれば、まずは怪我をしっかりと癒すことを考えましょう。怪我がある程度治った後も、クセとして残ってしまう場合がありますので、そういったものを日常生活で改善していくのです。

では実際に日常生活の中での膝痛を自力で治す解消法をいくつかご紹介します。まずは、温めて治すことです。炎症している場合もありますので、発熱や腫れが見られる際には冷やす必要がありますが、そうではなく筋肉疲労が原因と思われる場合には、蒸しタオルなどで温めて筋肉の緊張を和らげるのが解消法になります。

また、マッサージなどでほぐして動きやすくするのも解消法として有効です。膝の痛みがある人は曲げ伸ばしの動きをしにくくなりますが、動かさないでいると余計にこわばり、また筋肉が衰えて悪化してしまいます。

ですので、関節の動きを滑らかにするためにも、筋肉が萎縮してしまわないようにするためにも、マッサージでしっかりとほぐし、同時に、体操やストレッチで筋肉を鍛えるようにすると良いでしょう。

それぞれの解消法を細かく説明していきますと、やり方は様々ありますが、大雑把には温めるとほぐすの二つになります。

お薦めサイト一覧

膝の痛み解消には生姜がとてもおすすめです

愛車の買取相場を調べて買取限界価格で売却する方法をお伝えしています。

椎間板ヘルニアのことなら椎間板ヘルニア手術の専門サイトをご覧ください。

高血圧の治療は心臓に大きく負担となりますので注意が必要です。

腰椎分離症の専門サイトはこちらです。

五十肩の治療でお悩みの方は五十肩の専門サイトをご覧ください。

新着情報

 2018年01月16日:TOP
 2017年07月26日:美容整形って何をするの?
 2017年02月04日:美容効果が大きなダイエット商品に注意